登山に関する情報

ラベンダーの名前の由来

富良野のファーム富田、上富良野のフラワーランドなどで有名なラベンダー
ラベンダーとは地中海沿岸地方原産のシソ科の植物なんですって。
ラベンダーがどうしてラベンダーと言うか?
それはローマ時代にラベンダーが入浴の際の香水と使われていてそこからラテン語の「洗う」という意味のLAVOと名づけられ、ラベンダーとなったそうです。
ラベンダーはリラクゼーションにも使用されるほど精神を休めるポピュラーなハーブとなりました!!あの香りはすごい癒されますよね♪
特にラベンダーはからだのリズムを整える効果が強く、睡眠のリズムやからだのリズムを整える効果は絶賛され、心身のリラックスに大きく役立ちます!!だからラベンダー畑の中でたたずむと見た目がきれいというだけで癒されるのではなくラベンダー効果で心身がとても癒されるんですね♪
ラベンダーは一般的に7〜8月に最盛期を向かえ高さが60cmほどにまで成長します!!

簡単ですがラベンダーについての情報でした。
ラベンダーのことは色々書いてあるので興味がある記事があればご覧ください♪

富良野地方を代表するラベンダーの種類

上富良野の超有名おみやげ「フラヌイラベンダー」


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。